7/13/19

 

土壇場で京セラ1日だけ入れた〜お譲りしてもらって、そのプロセスもなかなか愉快だったのだけれどそれについて書くのはここでは控えます。

 

今年のキスマイのコンサートはテンション爆上がりポイントが何箇所もあるのが好きだな〜と思っています! オープニング、ガルマイ、CHUDOKU、テキーラ、ルーレット、宏光ソロ、たいぴソロ、ぜんぶ楽しい! わたしは何者でもないですが、それでもフットワーク重いわたしがチケットないのに謎に大阪に4泊してまで京セラ入るのはよっぽどのことだと言いたい。

 

今回の席はビスタだったんだけど、何を思ったか双眼鏡を迷って8倍にしました。姿が小さいより暗い方が嫌かなって。。。いや、単に双眼鏡を家に忘れて、それなら家に10倍はいくつかあるしEXとか用に8倍があってもいいのかなとか思って現地で買っただけです。まあ悪くなかった。8倍だったけど根岸くんすぐ見つけたし、しめがいないのも気づいたよ。しめ、前日になにかあったことは知ってたからとりあえず姿を見られて安心しました。本調子ではなさそうだったけれど(こういうレポを残すのも心苦しいけれど)。

 

BIOの千賀くんが好き〜〜東京ドームからむこうずっと千賀くん好きすぎて好きすぎる。付き合いたい。今回のツアー、千賀くんをはじめとして弟組のヴィジュアルが超かっこいい! そういえばはぐすたまでの二階堂くんの髪型は元太がセットしていると知ってから元太の好感度がうなぎのぼりです。しかし、遠くで静止してるときの元太と宮近の区別がつかないわたし。

宮田ソロで根岸くんと如恵留をひとつの画角におさめることができなかったから根岸くん単体で見ていた。CHUDOKUはいままで玉森くんの「ねえこれってなにつけてるの」一択だったけど、宏光の「明日は休みじゃないけど〜」もいいなーとか思い始めた。わたし、シーツの演出って直接的であまり好かないのだけど、さすが宏光がシーツ使うと一周まわって直接的じゃないですよ(?)。テキーラの如恵留のガラが悪い。we are キスマイ! で早送りになるところの根岸くんのダンスが律儀ですき!シェケで宏光ラップと千賀ダンスのコーナーがあるのはじめて知った。Kiss魂で根岸くんこんどは横宮に絡まれてた。シーハーハーの松倉いいと思った。順番さらにめちゃくちゃだけど思い出したから書くけど千賀ソロのうみもしなっててよかったよ。エビバデおわり藤千。

MCはツイッターに書いたから割愛。

ルラルララは、トロンボーンの動きを真似する玉森くんを見ればよかったんだといういまさらすぎる発見。あと曲終わり指揮者のふりしてるたいぴ。宏光がソロで「大阪、行こうか」って言ったの、めちゃくちゃ最高。藤ヶ谷ソロ、しめなし3人だから不謹慎だけどこれはしずやにも見せ場が!?とか思ったけどなかったごめん。なぜ。。。ブランニューでメインステージにいた根岸くんのゆっくりしたターンが本当に美しかったよ。

 

こうやって考えると、わたしはいろいろなタイプのダンスが好きなんだな〜と思った! れおみたいなファンキーアンドファニーなタイプも好きだし、北斗くんみたいなはやどりのはねるようなダンスも好き、根岸くんの姿勢のいい丁寧なダンスも好きだし、たいぴのよくわからないけどすごいダンスも好き! 村木と北川の、スタンスが広い…だけではない大きめのダンスも好きだし、松倉みたいなのも見てて楽しくて好きだな! 好きな見た目の人が好きな踊りをしているのを見るだけで一生が終わればいいのにな〜〜

 

7/6, 7

7/6  アウターコンクかな〜という位置にピアスをあけたあと、濃菜麺ミニを食べたよ! ミュージックデイを見るために急いで帰宅。

 

7/7  高円寺で古着を見た後に、Yonchome cafeでアボカドサンドウィッチ食べた。そのあとすいてるタイガーヒルでタピオカ買った。メルペイ通りの存在を確認。

6/29, 30

6/29  北斗くんと箒で空を飛ぶ夢をみて目がさめた。朝起きた時点で食べたいものがたくさんあったけど、ぼんやりしてたらなにも食べないまま夜になった。

 

6/30  きのうの分を取り返すかのようにお昼は北京ダック。夜はひとりでポテトフライとかパスタとか食べてた。久しぶりにだいすきブログを読みたくなってグーグルで検索したら、非公開になってて読めなかった。そういえば非公開にしたんだった。せっかく検索したしと思って他の人のだいすきブログ(?)を読んで胸が痛い。前田をもともと好きで、前田がいなくなったあともセブンメンを見ようと決めた人の、れおを好きになる率よ……あとからちゃんと自分のだいすきブログを読んだら、素敵な思い出ばかりだった。

6/24〜6/28

6/24 10年くらい前の同級生に久しぶりに会った〜お互いの環境が変わるとかつての関係性でなくなってしまうことがあるというのを発見して悲しかった。解散したあとひとりで飲み直して一蘭食べて帰った。

 

6/25 新しいパープルのワイドパンツをおろした。野菜の揚げ浸しと謎の麺を食べたりした。

 

6/26 イカの沖漬けを食べた。タピオカも飲んだ。

 

6/27 風が強くて不穏な天気だったから珍しくまっすぐ帰った。せっかくキンプリのアルバム買ったのにイヤホンが行方不明だから、フルワイヤレスイヤホンを注文した。初挑戦。

 

6/28 夕方会社にフルワイヤレスイヤホンが届いた。装着してみると、自分の服装・バッグ・メイクと相まってなんだかものすごいことに。そもそもトップスとバッグの合わせが悪趣味になるよう試みたんだけど、あまりにも悪趣味すぎた。あまりにもだったから夕方にシンプルな服を買って着替えました。2軒はしごして帰宅。

6/23/19

 

働きはじめてから土日の過ごし方を試行錯誤しています。今週末はキスマイ福岡に行こうかしばらく迷っていたので、というかなんとなく諦められなかったので、そのために予定を入れずにいたのですが、やはり結局行かなかったので、最終的に暇に。キスマイ、京セラ行きたいのだけど、チケットが厳しい〜。今年のキスマイのコンサート、どんな席でも曲目とキスマイのパフォーマンスだけでテンション上がることが約束されているし今のわたしはそういうのを求めているから、あともう一度ほんとに行きたい。それはさておき今週末、土曜はtinderの人とお昼ごはんを食べたあと、サンプルセールでピンクのトップスとバッグを買いました。日曜はどうしようかまよってるうちに来客があり部屋から出るに出られない状態に陥り、ノンフィクションを見たりして過ごしていたけど、なんだか物足りないしせっかくしめのお誕生日なので、お客さまが帰ったあとにしめのアクスタを持って外に出ました。久しぶりに本とか読みたかったので喫茶店へ。

 

そしてこれはなにもかも、退屈の為せる業なのだ。無気力に押し潰されたというわけだ。なにしろ自意識の直接かつ当然の産物は無気力、すなわち意識的に手をこまねいている状態なのだから。このことについては既に述べた。しかし、しつこくもう一度繰り返そう。すべての率直な人間、やり手タイプは、愚鈍で足りないがゆえに活動的なのだ。これをどう説明したものか? こう説明しよう。あの連中は愚鈍さゆえに手近な二義的な原因を根本的な原因だと思いこみ、かくして、自分の為すべき仕事に対する揺るぎない根拠を見出したと、他人より素早く容易に確信し、それで気持ちが落ち着いてしまう。ドストエフスキー地下室の手記安岡治子訳、2016、光文社、p.36.

 

これを読んでるときに斜め後ろの席の人がルサンチマンを猛烈に否定してて、なんだか気まずかったわら その人に対する言い訳ではないですが笑、 わたしはこういう本を進んで選んでいるわけではなく、図書館だったり本屋さんで気になって手に取る本がたまたまこうなだけです。いずれにせよ、こういう感情を前の時代の人がまとまった言葉でわかりやすく表現してこのように後世まで伝わっているのは、すごいなあありがたいなあという気持ち半分、わたしの抱く感情も結局どこまでも普遍的なものでしかないのだなあという気持ち半分。全部読みきらずに喫茶店を出た。ちなみに注文したのはメロンジュースとカニピラフで、しめアクスタの出番なかった。

 

ユニクロとザラをみて、ザラでセールの靴と青のトップスを買った。電車に乗って途中下車して黒糖牛乳タピオカ?を買ってまた電車に乗って帰宅。

6/5/19

 

執拗に悲しいとかはないのだけど、いままで楽しんでいたことがすっぽり抜け落ちてしまったので、楽しいことをマニュアルで補填しなくてはとなり、とりあえず物欲drivenな生活を送っています。れおが少年収にいなかった日から今日までに買ったもの→70周年記念のルプリアージュ、emピアス2つ、アッシュペーフランスで指輪のオーダー。書き連ねたらそうでもなかった。あとはエステダムのクレンジングとクラランスのリップオイルとアンプリチュードのビューラーを買ったりしました。